*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お見舞いの品
いよいよ明日から…いや、もう日付が変わってますから、今日から
日本にMoMo連れで帰ります。

やっと荷造りも終わり、ホッ。

さて、通常生活に戻ったかの我が家ですが、家の中には
“お世話係2号さん”の入院でお見舞いに戴いた品の数々が・・・

入院中、戴いたのは、ごくごく一般的なお花や雑誌。
あっ、雑誌は、日本で買うより1.5倍の値段なので、貴重品かな・・・

お花1

  
    お花


雑誌各種


退屈しないようにと、文庫本や単行本を持ってきてくれた
友人、会社の方もおりました。

そして、群を抜いて多かった品、それはリンゴ!
しかも、日本のリンゴ!!

日本のリンゴ


台湾に来た当初、お見舞いで一番の品は、日本のリンゴという話を
聞いたことがあるのですが、本当に、台湾の方皆さん、日本の
リンゴを買ってきてくださいました。
日本のリンゴは、それだけ美味しくて高い、貴重な果物という
イメージなんでしょうね。

それから、もう一つ、よく戴いたのが、ドリンク剤。
それも、鳥のエキス、蜆や牡蠣のエキスです。

鳥&蜆


牡蠣


これらの品、戴いてから、気付いたのですが、スーパー、薬局、
コンビニ・・・といたる所で売られています。

体にいいから飲みなさいと、持ってきて下さったのですが、きっと
コレって、台湾の方にとっては、オロナミCとかリポDみたいな
ポピュラーなモノなんでしょうね・・・たぶん。
確かに、効きそうな感じです。

お見舞いに来て下さった皆さん、ありがとうございました。

その中で、特に感謝しているのは、私の中国語の先生。
今回の“お世話係2号さん”の入院、何度も書いておりますが、
旧正月の元旦からだったので、親しい日本人の友人は、
ほとんど旅行に出ており、当初、かなり不安でしたが、
入院翌日には、先生が病院に来て下さって、本当に助かりました。

老師、何度も来てくれて、ホントにありがとうね~

今回、台湾の入院生活は、アンビリーバボー!と思えることを
いっぱい体感しましたが、それでも、いろんな人に助けられました。
感謝、感謝です。

そして、MoMoが、どれだけ心の安らぎになったか…

そっ・・・じゃ、リンゴちょーだい。
    「そっ、じゃ、日本のリンゴ食べていい?」   

どんなに疲れても、MoMoの顔見るとホッ!とします。

安らぎを与えてくれるMoMoさんに・・・
   早押しポチッ!
  「ポチッ!」とね~   ポチっとお願いします~♪


       人気blogランキングへ




スポンサーサイト

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

なんで無いかなぁ!?
台湾での入院生活、アンビリーバボー!
何がアンビリーバボーだったか?
一番は、何と言っても、完全看護じゃないってコト。
コレ、台湾中どこの病院でも・・・かどうかは知りません。
ただし、聞く限りの病院は、同じようなシステム。

我が家の“お世話係2号さん”が入院している間、私は、毎日
2~3回、病院に足を運ばなければなりませんでした。

なぜなら、入院患者に食事が出ないから!!

こんなコト、あり得る?

今まで、入院したら食事を運ぶって話は聞いたことありました。
ただし、それは、食事制限の無い患者さん、例えば外科系とか、
もしくは、お子さんで、台湾の病院で出る食事が口に合わないとか、
そーゆーことかと思ってました。

ところが、実際、“お世話係2号さん”は、内科系の病気での
入院で、カロリー、塩分、糖分のコントロールが必要であったにも
関わらず、食事が出ないのです!!

入院当初の説明では、旧正月なので出ないとのことでした。
ところが、よくよく聞いてみると、旧正月が明けても頼める
食事とは、全く病院食で無い外部からデリバリーされるフツーの
弁当とのこと!!
そんなモン、食べていいワケ無いでしょ!?
って言うか、怖くて食べられないでしょ?

今回、家族に入院経験を持つ台湾の方、何人かに聞きましたが、
病院に食事を運ぶのは、ごくごく普通のことらしいです。

しかも、台湾の方、もともと、家で料理をほとんどしません。
普段から、外食、デリバリーを頼む、もしくは、弁当や惣菜を
買ってくる=その方が、安くて簡単だから・・・

そんな食生活を送っていて、病人にはどんな食事を運ぶのか
聞いてみたところ、いつも買いに行ってる屋台とか店で
「病人に持って行くから、砂糖控えめね~」とか
「塩使わないで~」とオーダーするらしいです。

そんなんでイイわけ?って感じです
まさにアンビリーバボー

そんなワケで、毎日3食分を病院に運ぶハメに・・・
普通に入院だけだって、大変なのに、3食の食事をカロリー、
塩分、糖分を考えながらメニューを決め、買物し、作って
届ける。
コレがどんなに大変だったか!
いくら料理が嫌いじゃない私でも、途中、何度かぶち切れましたね

それでも、今回、“お世話係2号さん”が入院した翌日には、
なるべく暖かいものは暖かいままに、冷たいものは冷たいままに
食べられるよう、サーモス・ステンレスランチジャーなる
保冷温可能の弁当箱を買いました。

最初は、お粥と汁物、消化の良い副菜でしたが、徐々に、ざる蕎麦や
うどんにしたり・・・とバリエーションをつけ運びましたよ~
そんな苦労の一部 

弁当1


弁当2


弁当3


弁当4


日々、お弁当を作って行くうちに、あるモノが不足してきました。
それは、お弁当のおかずを小分けして入れるためのアルミカップ。

何箇所か探しましたが、売って無い!
日本だったら、スーパー、もしくはコンビニにだって売っていると
思うのですが・・・

毎日、お子さんの弁当を作ってるママさんに聞いたところ、
普段、アルミカップは手に入りにくいので、帰国した際に
大量に買ってくるとのお答えでした。

そこで、“お世話係2号さん”の会社の方にアルミカップを
買ってもらい、出張者に運んでいただきました。
会社のMさん、ありがとうございました。
助かりました。
運んでくれたKさんもありがとうね~!

アルミカップ
  ↑ 日本から運ばれたアルミカップさまさま


日々、弁当作り頑張った私に「ポチッ」お願いします。
      ポチっとお願いします~♪

 
       人気blogランキングへ

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

退院しました~
ご心配いただいた皆様にご報告。
“お世話係2号さん”こと、我が家の主は、入院生活16日目にして
退院しました~
と言っても、まだしばらくの間は、自宅療養と要通院ですが・・・
それでも、ちょっとホッ
退院してみれば、たった16日間の入院だったのですが、
いやー、長かったわぁ

考えてみれば、入院4日前から寝込んでいたので、約20日間
パジャマの生活をしていた“お世話係2号さん”であります。

そう、今回、緊急入院に至ったには、入院前の4日間に2度、
同じ、クリニックでインフルエンザと誤診されたことから
始まるのです。
1度目の受診は仕方無かったかもしれないけど、2度目の
受診の際もインフルエンザと診断され、治療が遅れたと思います。
このクリニック、日本語可なので、普段は重宝しますが、
こんなことがあると、ちょっと怖いです


さて、16日ぶりに帰宅した“お世話係2号さん”にMoMoの反応は
如何に・・・?
もちろん、尻尾パタパタで喜んではいましたが、普段の帰宅時と
大差無いような?

16日ぶりの帰宅と言っても、実は、MoMoと“お世話係2号さん”
16日ぶりの再会ではありません。
退院直前の数日間、私がMoMoを連れ、20分ほどの道のりを
朝の散歩がてら病院まで歩いて行き、“お世話係2号さん”が
病院入り口まで出て来て顔を合わせていました。

ココどこかしら?
    「chama、ココどこですか?」

最初に病院に連れて行った際は、何で、こんなトコに来るのかしら?
という顔のMoMoでした。
が、“お世話係2号さん”が病院から出てくると・・・

びっくり~、こんなトコにいたなんて!!
   「きゃー!!最近、帰って来ないと思っていたら
     “お世話係2号さん”ったら、こんなトコにいましたぁ!!
      しかも、パジャマだしぃ。なんで?」


MoMoのビックリな様子、そして、私もビックリ、いや呆れたのは、
“お世話係2号さん”が、お見舞いに戴いたリンゴを小さくカットして
ラップに包んで出てきたこと!!

「MoMo、来てくれたんだぁ~。ご褒美だよ!!」と言って、MoMoに
リンゴをあげるのです。
ご褒美に釣られて、翌朝も来てもらおうという魂胆。
そんな手段を使うとは!
なんともセコイ・・・

しかし、MoMoの方が更に上手です。

バイクと車ビュンビュンで決して散歩に適しているとは思えない
病院往復の40分の散歩の後には、カフェへ!

ちょっと休憩しないとね!
    「当然でしょ!あんな排気ガス臭い道歩いてきたんだから・・・」

ゆっくり休憩しちゃおーっと!
   「カフェでまったりしないとね~」


それでは、本日は、退院のご報告まで・・・
アンビリーバボーなお話は、また次回。

退院した“お世話係2号さん”にご祝儀「ポチッ」よろしくね~
        ポチっとお願いします~♪
 

      人気blogランキングへ

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

台湾入院生活のはじまりは・・・
“お世話係2号さん”の入院生活、2週間を超えております。
本人は、徐々に回復しております。
私は・・・と言うと、精神的疲労と体力的疲労の山を何度か越え、
それでも頑張っております。

さて、台湾入院生活、何がアンビリーバボーか?
いえ、その前に申し上げておきます。

日本で生まれて、日本で育った私にとっては、アンビリーバボーな
コト連続ですが、台湾の方にとっては、今からお話することは、
きっと、ごくごくフツーのことと思われます。
ですから、私が、アンビリーバボーと叫んでいるのは日本の
常識を踏まえてのことです。

そう、今回、つくづく、ココでは、日本の常識は通用しないと
確信致しました。

さて、“お世話係2号さん”が緊急入院した際、まずは、入院手続きで
3~5人部屋か、2人部屋か、個室・・・
どの部屋を選ぶかを聞かれました。

私は、迷わず個室を希望。

日本の病院の個室に比べれば、多少、安いものの、それでも、
個室となれば、それなりの料金を取られます。
しかしながら、病気の本人も、私も、たぶん、個室以外の部屋では
落ち着かないだろうし、治るものも治らないかも・・・と思ったのです。

なぜなら、台湾の方、TPO関係なく賑やかな方もいるし、衛生観念が
違ったり・・・
同室は無理。
そして、言葉の問題がある私たち、個室に入れば、少しでも
親切にしてもらえるであろう・・・と考えたのです。

入院した“お世話係2号さん”のお部屋は、こんなです

病室


ゆったりしたスペースに、病人のベッド、ソファーとテーブル、
ライティングデスクにTV、冷蔵庫、電気ポット完備。
シャワー、トイレも付いてます。

そして、何と暖房完備!

えっ?何で冷暖房完備で、驚くの!?って・・・
だって、フツー、私たちが住んでるマンションのエアコンには
冷房機能しかついていません。
そう、一年を通し、ほとんど蒸し暑い台湾では、暖房完備は
驚きです。
それでも、病院だから当たり前じゃない!って・・・
いえいえ、病院だって、古いトコは、絶対、暖房なんか付いてません。

この病室に入院した本人曰く、
「これでバルコニーさえついていればリゾートホテル並み!」と。

入院模様
    ↑リゾートホテルで点滴はしないと思うけどね~


この一見、至れり尽くせりな病室で、最初のアンビリーバボーは、
トイレはあるのに、トイレットペーパーが無い!
看護婦さんから、自分で買ってくるよう言われました。

そして、TVのリモコンがありません。
そこで、看護婦さんに「リモコンは?」と聞くと
「500元!」

えっ?
退院の際、500元は返すけど、リモコンの保証金ってことらしい。
TV本体の保証金じゃなく、リモコンの保証金・・・
なんで?
リモコン、持って帰っちゃう人がいるらしい。
はっ?

更に、熱があった“お世話係2号さん”、氷枕が欲しいと頼めば
手を差し出し「100元!」と看護婦さん。

氷枕にも保証金?
つまりは、氷枕も持って行っちゃう人がいるってワケ?

氷枕もタダじゃないのよ~


そして、看護婦さんが、昔ながらのゴムの氷枕を持って来て
くれたものの、氷が入って無い!!
「氷は?」と聞けば、
「はいはい、こっち来て!」と給湯室に連れて行かれ、
「氷は、ココに入ってるから、ハイ!自分で作ってね~」

あり得ない!あり得な~い!!
それって、日本じゃ、看護婦さんのお仕事と思いますけど・・・

しかも、この入院初日の夜、私が自宅に帰宅した後、熱が
上がったように感じた“お世話係2号さん”、ナースコールした
そうですが、看護婦さん、熱を計って、
「ちょっと高いわね。じゃ、水いっぱい飲んでね~」って
言って部屋を出て行ったらしいです。

日本じゃ、あり得な~~~い


初日から、こんなですから・・・
この後も、笑うしかないエピソード連続ですワン。


こんな入院生活に「ポチッ」と応援していただきたい!
       ポチっとお願いします~♪


      人気blogランキングへ







 

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

Blog★Ranking
一日一回、↓こちらをポチッと
バナー
プロフィール

chama

Author:chama
愛犬:MoMo
シェルティー(8才、♀)
オーストラリア生まれ、
シンガポールで育ち、
台湾で暮らしたアジア
経験豊か(笑)なワンコ!  
現在は、神奈川県在住

お散歩大好き!
カフェでまったり人間
観察も大好き!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。