*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラウマ
昨日、無事、MoMoと日本の地を踏みました。
ご心配いただいた皆様、ありがとうございます。

無事…と書きましたが、実は、今回、台湾の空港出発の際、
ちょっと大変でした。

MoMoは、もともとクレートが好きではありません。
しかし、今まで、飛行機に乗る際、いやいやながらも諦めて
クレートに入ってくれていました。
そして、クレートに入ると観念してしまうのか、騒ぐことも
ありません。

ところが、昨日は、クレートに入らない。
抱っこして無理やり入れようとすると私にしがみつく。
それでも、何とか入れて閉めようとすると、サーっと扉を
すり抜け、あわや空港から逃亡?!

なぜ、そんなに嫌がったか?

理由はひとつ。

それは、台湾の空港が怖いから。

MoMoのトラウマは、昨年の一時帰国にさかのぼります。

昨年、初めて台湾からMoMo連れ一時帰国した際のことです。

MoMoのクレートはちょっと大きめなので、いつも空港で組み立てる
ことにしています。
空港までは、いつものお出かけバッグに入り、タクシーで移動。
空港で、クレートに入れて、チェックイン。

ワンコのチェック・インも荷物をチェックインする時と同じように
チェックイン・カウンターで行います。
荷物と同じように重量を量ってもらいますが、そこからは荷物と
違い、通常は、台車で、個別に運ばれて行きます。

しかーし!

そこは、台湾

こちらも、最初から信じてないので、

「重量を量ったら、このままベルトで荷物と一緒に流したり
 しませんよね?大丈夫ですよね!!」
と嫌味っぽく確認。

カウンター職員「まさか!ベルトで流したりしませんよ~」

が!
が!!
がーっ!!!

MoMoは、あれよあれよという間にスーツケースとともに
ベルトで流され、荷物とともに転がって行ったのです。

「ぎゃー!
  
何してるのォ~~~」


空港に響き渡るほどの大声で叫び、ここでは書けないほど、
カウンター職員、作業している職員を罵倒しました。
もちろん、日本語で。

すぐに日本人地上職員責任者が現れ、
「お客様、ワタクシが責任もって、ワンちゃんを確認して参ります」と
言われましたが、

「アンタなんかに任せられないわよ!私も一緒に行きます!!」と
怒鳴ったものの、荷物とMoMoが転がって行った先は、当然、一般者
立ち入り禁止。

仕方なく、日本人地上職員責任者がMoMoを確認してくるのを
待ちました。

日本人地上職員責任者が戻ってきて
「お客様のワンちゃんは、無事です!」

私「はっ?ウチの犬がアナタに“どっこもぶつけて無い”って言ったの?
  “どこも痛くない”って言ったの?何を持って、無事ですって?」

興奮おさまらない私でした。


そして、あれから1年。
1年たってもMoMoは、絶対にあの恐怖を忘れて無かったのです。


今回のチェックインの際は、どんなに嫌な客と思われようと、
去年より更に疑い深い態度で、MoMoをカートで運ぶとこまで
しっかり見届けました。

日系航空会社を利用しようとも、作業するのはローカル職員。
ぜったい信じちゃいけません!


そうそう、やはり昨年の話ですが、チェックインの最悪な出来事で
興奮している私を更に激怒させたのは、機内でのフライトアテンダント。

機内に入っても、ムカムカ、ハラハラ、ドキドキの私に、
FAが挨拶に来ました。

FA「○○様、先ほどは、地上職員が大変なことをしまして…。
  本当に申し訳ありませんでした。
  でも、お客様のチワワちゃん、無事、機内に運び込まれましたから。」

私「はっ?今、何ておっしゃったの?!
  えっ!チワワですってぇーーーーっ?
  ウチの犬は、シェルティー。シェットランド・シープドッグよ!」

FA「はっ?あの、あのぉ~、ワタクシ、犬には疎くて、チワワと
  そのシェルなんとかっていう犬は違う種類なんですか?」

私「ぜ~んぜん違いますっ!大きさもスッゴイ違うの!
  ウチの犬は、ホントにちゃんと機内にいるの?すぐに確認して!!」

数分後、さっきの若いFAでは無く、年配のFA(マネージャー?)が
やって来て、

年配FA「ただいま確認して参りました。確かにお客様のワンちゃん、
    機内に運び込まれております。(2枚の名刺を差し出し)
    こちらが、さきほどの地上職員の、そしてコレがワタクシの
    名刺でございます。何かありましたら、どうぞご遠慮なく…。
    重ね重ね、申し訳ございませんでした。」

何かありましたら…って?
すでに、2つも問題あったんだけど?


* 飛行機に大事な家族であるワンちゃんをのせる際は、みなさん、
  充分な注意が必要ですよ~!
スポンサーサイト

テーマ : ◇ 異国イヌ生活 ◇
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付不可)

【コメントありがとうございます】

ルビパパさま

>すばらしい対応の人が現れて、MoMoちゃんのいやな記憶も塗り変わってくれるといいんですけどね、、、

ルビパパさま、これは、魔法使いが現れるのを期待するようなもので…たぶん、あり得ない気がします。
とくに台湾では。
日本、イマイチお天気なんですよ~


hareさま

私も、相手のむなぐらつかむ勢いだったと思います。
だって、本当に空港中に響き渡る大声で怒鳴りちらしましたからね。
言葉で通じない分、どんなにムカついているかを表現しないとね!


デザート・ムーンさま

ワタクシの怒りを共有していただいて、有難うございます。
MoMoのトラウマにもなっていますが、私にとっても忘れがたい出来事で、今後、どのこ航空会社を使おうと、どこの空港でチェックインしようとも、疑い深い嫌な客になると思われます。

>環境の変化に慣れるまで、人もワンコも、無理せずにネ!

ありがとうございます。
でも、これから、またUPしていきますが、MoMoの順応性はスバラシイです(笑)


アレパパさま

ご一家で怒り、笑っていただいてアリガトウございます。
どんなに細心の注意を払っても、こんなコトが起きる。
ホント、疲れます。


Allieさま

確かに、自分がクレートの中に入っていて、あの状況に直面していたら…私なら、自分を確認に来た地上職員に噛み付いてますね!


Chamaさん、無事に日本到着おめでとうございます。それにしても、MoMoちゃん、去年は大変な災難でしたね。ビックリです。申し訳ないですが、思いがけず、読んでて笑ってしまいました。ゴメンナサイ。しかし、自分がワン子でクレートに入れられててコンベアに乗せられてスーツケースとともに同じ運命を辿ってたと想像すると、血の気がひきますね。本当、冗談ではなく、無事に問題なく着いて良かったですね。
昨年の出来事、家族で声に出してみんなに聞かせてたら、読んだ後、怒りすぎてドット疲れました。みんな、笑ってましたが、たまりません。海外には、連れていきたくなくなりました。(-_-;)

て、その前にそんな予定、絶対にありそうもありませんでした。(^^ゞ
ご帰国、お疲れ様でした。
 chamaさん、お帰りなさい!そしてMoMoちゃん、昨年は苦労をしたのだね!!
 読んでて怒り心頭、「怒髪天を衝く」というヤツです。
 私は、瞬間湯沸かし器タイプなので、そんなことに遭遇したら、怒りでポリスのお世話になっていたでしょうね。
 中学生の頃、当時の国鉄(古~!!)職員とマルチーズを乗せる乗せないで、大モメになった程ですモノ。
 
 環境の変化に慣れるまで、人もワンコも、無理せずにネ!
chamaさん&MoMoちゃん、無事に日本に着いたようで…
いや~、申し訳ないですけど、読んでいて笑っちゃいました。
chamaさんの行動が想像できるだけに(^-^;
私だったらムナグラ掴んでますね ̄m ̄ ふふ
ブジ、着いたということで・・・
それにしても火に油を注ぐとはまさにこのことですねー。日系であってもワンコに関してはほんとに細心の注意が必要ですよね。欧州系の一部の会社のほうがまだワンコに対しては優しいという説もよく聞きます。
すばらしい対応の人が現れて、MoMoちゃんのいやな記憶も塗り変わってくれるといいんですけどね、、、
なにはともあれ、chamaさんもMoMoちゃんもひさびさの日本! ゆっくりしてくださいね。
Blog★Ranking
一日一回、↓こちらをポチッと
バナー
プロフィール

chama

Author:chama
愛犬:MoMo
シェルティー(8才、♀)
オーストラリア生まれ、
シンガポールで育ち、
台湾で暮らしたアジア
経験豊か(笑)なワンコ!  
現在は、神奈川県在住

お散歩大好き!
カフェでまったり人間
観察も大好き!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。