*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
優しい台湾
昨日、行った総合病院での話です。

最初は、日本語が通じるクリニックに行ったのですが、
どうも、診断も薬もイマイチかな?と思い、家から一番
近い総合病院に行くことにしました。

ここには、来台2週間後に救急でお世話になった以来です。
その時は、お世話係2号さんの勤務するローカルスタッフが
一緒に行ってくれたので、何とかなりましたが、台湾人に
よる台湾人のための病院ですから、日本語はおろか、
英語もドクターによっては通じたり通じなかったり・・・
とにかく、病院内は北京語、もしくは台湾語が飛び交う世界。

生活面では、四苦八苦しつつ何とか暮らせる会話が出来ても、
お医者さんとなると話は別。
こういう時、言葉が通じないというには、どんなに心細いか!
そこで、お世話係2号さんにも同行してもらうことになりました。

まず、日本と同じようなシステムであろうとは思えど、
病院での受付から私たちには試練です。

ただ、この病院、以前、救急で来たその後、外来で訪れた際、
受付の手前にボランティアの台湾人お婆ちゃま達がいて、
その台湾人お婆ちゃまに助けてもらったので、今回も
きっと、多少、日本語を話せる台湾人お婆ちゃまがいるハズ!

そして、やはり、台湾人お婆ちゃま達が座っていらっしゃいました。

台湾では、70歳以上の方は、学校で日本語教育を受けていた
ので、個人差はありますが、日本語で会話が出来ます。

ボランティアのお婆ちゃま達の所に歩み寄り
「すみません。日本人なんですが、日本語話せる方は、
 いらっしゃいますか?」

4人で座って談笑していたお婆ちゃま達、
「えー、日本人、あらあら・・・ちょっと待って。ヒソヒソ・・・」
円陣組んで眉間にシワ寄せ、何やら相談。

以前は、こちらが手をお貸ししましょうかという程の高齢の
お婆ちゃまが、受付からドクターへの説明から会計、全てを
やって下さったのですが、今回は?

「ちょっと待って。いま、内科の婦長さん呼ぶから。」

えっ!婦長さん?!

「婦長さん、日本語、上手。」

待つこと数分。
婦長さん登場~!

症状を話すと婦長さん、手際よく、かかるべき科の受付を
してくださり、必要な検査にも全部同行、診察してもらう際も
私とドクターの通訳をして下さり、結果、また別の科の診察が
必要となると、今度は、その科に行き、またもや受付から診察まで、
全てを手伝って下さったのです。

婦長さんともなれば、ご自分の仕事でお忙しいでしょうに、
私一人のために長時間割いてくださり、かなり恐縮しました。

婦長さん、14年前に、日本に看護の勉強に行ったことが
あるそうで、その際、日本人にとても優しくしてもらったから、
ここに来た日本人には、自分が出来ることをしてあげたい・・・と
仰ってました。

そうなんです。こういう風に仰る台湾人の方が結構いるんです。

ここで暮らしていると、実際、嫌だなぁと思う事もあるんですが、
こういう台湾の人に救われます。

もし、日本の病院に、言葉の通じない外国人が外来に来ても
ずっと付き添って案内してくれるなんてことは無いのでは?

婦長さん、最後の最後、薬をもらう時まで付き添って下さって
本当に感謝です。

さて、我が家の優しいナースは・・・ ナースMoMoです
                「やっぱ、ワタシでしょ~」

こちら、シンガポールで仕入れてきた服です。
オススメ上手な友人Mちゃんに、
「お嬢っぽいワンコにピッタリよ~」と言われ購入!
(過去には、日本で彼女とMoMo用姫ヅラを買ったことあり!)

ナース帽が無いのが残念。 ナース姿もナイス?


「どなたかナース帽を作ってくださる?」
     ナース帽が無いっす



MoMoのナース姿、ナイスと思ったら「ポチっと」ね!
     ポチっとお願いします~♪


こんなMoMoさんに看護してもらいたいアナタも・・・
        人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ◇ 異国イヌ生活 ◇
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付不可)

【コメントありがとうございます】

ティナままサマ

お世話になった方だけに恩返しするのでは無く、いつか何処かで誰かに優しくできる人間になりたと思いましたよ。そう思いながら、ついつい邪念が・・・
人を思いやれる気持ちがあれば、どんな国や地域の人とも仲良く暮らせるんですよね、確かに。
ほんとですね~、日常会話と違って病院は大変ですよね。でも親切な婦長様にであえてまたひとつ人情ってもんを思い出させていただきましたね。みんなが同じような気持ちをもっていればアジア外交も国際交流もうまくいくんでしょうけどね。
【コメントありがとうございます】

HKモモオヤジさま

まあ!モモオヤジさま、初コメントありがとうございます。
そうそう、モモオヤジさまは、台湾生活経験済みでしたね。
実際には、すご~く親切な方と、すご~く感じ悪い方が混在してるんですが、それでも、弱ってる時に、助けてくださる方、特に今回出会った婦長さんは、マリアさまですよ。

>香港は日本語サービスの総合病院もありますが、そこは香港、全てお金の力が必要です。

プハハハッ!
笑っちゃいけないけど、地獄の沙汰も金次第ですね。
まあ、きっと台湾にも、そーゆー面もあると思いますよ。
やはり中華圏は、何を置いても「お金が全て」っぽいとこがありますよね。

モモオヤジさま、これからもレミちゃんつながり、名前(モモ)つながりで宜しくお願いしま~す。


のえままサマ

のえままさん、少しは良くなりましたか?
救急の際、聞かれたことに"yes"か"no"でしか答えられない、そんなの当たり前ですよ。だって、パニック状態なわけだし。
日本で日本語で話せる時においても、私は、事故にあった時、救急車の中で救急隊に質問されたことにマトモに答えられなかったもの。
前に、シンガポールで、タクシーに乗っていて事故にあい、救急病院に運ばれ、パニック状態でマトモに受け答えできなかった友人が、看護婦に「アナタ、英語も話せないのに、よくシンガポールに住んでるわね」と言われたと泣きながら電話してきたことがあります。
私が出会った婦長さんは、まさにマリアさまでしたが、そういう意地悪い人もいるわけで、どんな時にもタフでいないとめげますよね。
のえままさん、引続きお大事に!私も、徐々に回復中です。
chama さん、少しずつよくなってきているとのことですが、お体の具合いかがですか?
私は、先日の専門医の検査が日本語スタッフのいない病院の初体験となりました。
病院での会話、難しいですよね。
専門医の診察では、事前に調べていたこともあって何とかなりましたが、先日の救急隊員との会話では、聞かれたことに"yes"か"no"でしか答えられませんでした。
痛みの表現等もどうしていいのやら・・・
少しは馴染みのある英語ですらこうなのですから、chamaさんの勇気、本当に尊敬します。
こんな経験をすると、それまでの嫌なことをゴミ箱に「ぽいっ!」とできちゃいますよね。
人の優しさってすごいですね。
その婦長さんとのやり取りを拝見して、「情けはひとのためならず」という言葉を真っ先に思い浮かべてしまいました。
chama さんもどうかお大事になさってくださいね。
オー!優しい台湾
レミちゃん繋がりの香港モモオヤジです。

美人のMoMoちゃんのナース姿とてもキュートですヨ。
こんな看護婦さんいたら、病気もすぐに治りそうです。

モモオヤジは香港に来る前に、8ヶ月ほど単身で台北に住んでいました。
初めての海外生活で不安いっぱいでしたが、台湾の人はとても
優しかった。
近所のオバサンがアパートのこと何かと世話してくれる、大家さんは郵便受けに差し入れしてくれる、不動産屋の担当のお姉さんも時々不便はないか電話を入れてくれました。

病院でもそうなんですね。
世話好きの台湾人らしくとても安心ですね。
香港は日本語サービスの総合病院もありますが、そこは香港、全てお金の力が必要です。

優しい台湾での生活がとても懐かしく感じます。
Blog★Ranking
一日一回、↓こちらをポチッと
バナー
プロフィール

chama

Author:chama
愛犬:MoMo
シェルティー(8才、♀)
オーストラリア生まれ、
シンガポールで育ち、
台湾で暮らしたアジア
経験豊か(笑)なワンコ!  
現在は、神奈川県在住

お散歩大好き!
カフェでまったり人間
観察も大好き!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。